スマートにスマホの音量を切り替える Smart Volume Control+

Smart Volume Control+

学校や仕事中にマナーモードにし忘れて・・・ という経験はありませんか? あなたのスマホが Android なら Smart Volume Control+ を使うことで音量切り替えを自動化できます!

めっちゃ便利!

Smart Volume Control+ は、「通常」「仕事」「睡眠」など状況に応じてプロファイルを作成し音量を設定できます。そして、そのプロファイルを様々な方法で切り替えることができます。

Smart Volume Control+ のコントロールとGPS

例えば、

  • 指定した時間による切り替え
  • Wi-Fi接続による切り替え
  • Bluetooth接続による切り替え
  • GPSにり指定した場所での切り替え
  • Googleカレンダーと連携した切り替え

などが自動で切り替え可能です。もちろん手動でのプロファイル切り替えも可能です。

ボリュームの設定

そして、意外に知られていないのが、音量の設定は1つではなく「着信呼出・通知・メディア・アラーム・システム・Bluetooth・通話中」と分かれている点です。

待ち受け中にボリュームボタンで着信を鳴らない様にしても、メールの通知やアラームはなってしまいます。

 

Smart Volume Control+ は、これらをプロファイルごとに設定して状況に応じて切り替えることができます。また、切り替えることができるのは音量だけでなく、Wi-FiのON/OF、BluetoothのON/OF、呼出音の変更やスクリーン輝度の変更など様々な項目を切り替えることができます。

Smart Volume Control+ のプロファイルとスケジュール

時間によって細かく音量を切り替えたり、駐車場に着いたらWi-FiをONにして、会社に入ってWi-Fiに接続したら仕事中のプロファイルに切り替えるといったことも可能です。また、研修やセミナーなど不定期な予定で音量を切り替えるにはGoogleカレンダーと連携すると便利です。

PR

 

バグ情報(2016.10.27現在)

新規で使う方は問題ありませんが、以前からSVC+ を使っている方が機種変更する場合は注意が必要です。

以前使っていたスマホでデータをエクスポートし、新しいスマホでリストアしたら、ボリュームボタンで音量を変更してもプロファイルで設定した音量に強制的に戻される現象を確認しました。バグを確認したのは下の組み合わせです。

  • Huawei Honor 8
  • Amdroid 6.0
  • EMUI 4.1
  • SVC+ 1.1.8

Android6 との相性なのか、Huawei の EMUI との相性なのか原因は不明です。

※バグ回避方法
この現象が現れた場合は、データをリストアせずにプロファイルを手動で作成すると回避できました。プロファイルをいちから手動で作るのは時間がかかりますが、プロファイルを見直すいい機会になりました。

PR

関連記事