Google検索結果クリック率が 73.33% だったので、改めて他の検索クエリも調べてみた

Google検索結果クリック率が73.33%だったので、改めて他の検索クエリも調べてみた

「ん? クリック率 73.33%?」

検索結果のクリック率って、あまり気にしてなかったけど・・・

Google Analyticsで検索クエリを見てて一般的な数値はどうなのか気になり始めたので調べてみました。

※この記事は、2015年9月2日に再編集しました。

Google検索結果クリック率が73.33%だったので、改めて他の検索クエリも調べてみた。

以前は、「jquery スライドショー 自作」での検索結果は、WEB-LABOの記事を紹介したライブドアブログの方が上位に来ていましたが、アルゴリズムの変化でしょうか?いつの間にかWEB-LABOの記事が上位に来てました(汗)

 

ということで、検索クエリのデータを分かりやすく表にしてみました。

検索クエリ クリック率 平均掲載順位
jquery スライドショー 自作 73.33% 1.1
jquery スライダー 自作 44.00% 2.4
html5 h1 複数 33.33% 1.9
html5 h1 29.41% 3.1
デザイン アート 違い 26.67% 2.9
list-style-image サイズ 34.29% 2.0
clearinterval 止まらない 8.33% 7.0

 

ピンクの背景は、キーワードが微妙に違いますが検索結果に表示されるのは同じページです。1位と2位で随分違いますが、2.4位が2.0位だと50%ぐらい行ってたんでしょうか?

ブルーの背景も、同じページが検索結果に表示されますが、2位と3位で数パーセントの差があります。この差は妥当な線かな。

ということで、更に表示回数がそこそこあったものから3つピックアップしました。流石に7位となると8.33%と大幅にダウンしますね。

PR

 

他のサイトのGoogle検索結果クリック率ってどうなの?

ってことで、検索結果をキャプチャ。

1位で20%ぐらい?と思いきや・・・

検索結果1位のクリック率

30%と書いてあるところもある。

Google検索結果クリック率、1位は

グーグル検索結果の順位別クリック率2014年版(Web担当者Forum)

上のリンクのWeb担当者Forumでは、数値やグラフを交えて記述してあります。そのページに記述してあるのが下の表です。1位と2位で倍近くクリック率の差があります。

グーグル検索
での順位
CTR
1位 31.24%
2位 14.04%
3位 9.85%
4位 6.97%
5位 5.50%
6位~10位 3.73%
※Caphyon社調べ

 

で、レポートの最後には、こう記述があります。

「検索結果の1位はいちばんCTRが高く、多くの場合は、2位と比べて倍近くまたはそれ以上、5位と比べると数倍の開きがある」
Web担当者Forum

分かっていたことですが、検索結果の1位と2位でも大きな差がある。3位以下は、1位下がるごとに数パーセントずつ下がっていく。これが2ページ目以降になると劇的に下がるんでしょうね。

 

単純に表示順だけでクリック率は変化する

20150901ctr_img5

もう10年ぐらい前でしょうか? 同じ内容のページを別ドメインにアップしてテストしたことがあります。

その当時のことを思い返すと、検索結果1ページの4番目と5番目に並んだ時、クリック率は覚えていませんがアクセス数がカナリ違った記憶があります。

純粋に順位だけでクリック率は変化する。
というか、変化する可能性が大きいということです。

しかし・・・
 

クリック率の変化は、順位だけじゃない!

検索結果の順位が変われば、クリック率が変化するのは間違いありません。しかし、クリック率の変化は順位ばかりではありません。

例えば、会社名や学校名などの固有名詞で検索された場合、当然ながら検索1位に表示される可能性は高いです。しかし、その場合もクリック率は100%にならないんです。普通に考えて固有名詞で検索してるんだから、100%近くになりそうなんだけど、意外にそうはならない。

理由は、AdWordsの広告がクリックされたりというのもあると思うし、Googleマイビジネス(ローカル ビジネス)の情報をクリックされたり、2番目以降に表示されるソーシャルや他のメディアをクリックされたり色々あると思います。

20150901ctr_img3

自分が検索した時のことを思い返すと、必ずしも1番目をクリックするとは限りませんよね?タイトルや表示されている説明文(スニペット)を見比べて、目的の情報が得られそうなページからチェックしていくはずです。であれば、ページタイトルやmeta discriptionの記述によってもクリック率は大きく変化しそうです。

また、ページの内容によってもクリック率は大きく変化しそうです。初心者向けの内容の場合は、検索上位からクリックしていきそうです。詳しい人は検索結果も選別してクリックしそうです。

 

改めて実感!全てが重要なWeb

SEOというか検索エンジン対策についての記事はネットでもよく見かける。しかし、よく考えれば分かることだが、例え検索1位に表示されてもクリックされなければ意味がない。

制作会社に依頼して、数十万円かけてサイトを作っても検索順位が悪ければアクセスは伸びない。しかし、例え検索順位が1位でもクリック率が悪ければ、大きな機会損失につながる。

結局、WebってデザインもコンテンツもコピーライティングもSEOもマーケティングも・・・ 全てが重要なんですよね!

どれかが抜け落ちてもパフォーマンスを発揮できない。

 

最後に

記事を書き終わった後に、いつから順位が上がったのだろう?と思い月別にチェックしてみました。

  • 6月の平均掲載順位は、3.2で35.29%
  • 7月の平均掲載順位は、1.1で60.00%
  • 8月の平均掲載順位は、1.1で73.33%

これから推測すると、6月のアップデートにより掲載順位に変化があったようですね。

 

広告バナーのクリック数

サイトの訪問者数と広告バナーのクリック率。バナーのクリック率をあげるには?

PR

関連記事