ATOK(日本語入力システム) for Android

ATOK(日本語入力) for Android

昨日、Androidスマートフォンに日本語入力システムのATOKをインストールしてみました。

ATOKは、NECのPC-9801使っていた時にワープロの一太郎と一緒に使っていました。 Windows95に変わって以来、MS-IMEを使っていますので、20年ぶりぐらいのATOKです(笑)

 

ATOK(日本語入力) for Android

最初のXperia(SO-01B)を使っていた時は、POBox、現在使用中のGalaxy noteではSamsung日本語キーパッドと基本的には純正の日本語入力を使ってきたわけですが、ATOKというのをよく見かけるようになったので気にはなっていました。

しかし、現在使っているスマホは、Galaxy noteで5.3インチとスマホとしては大画面。Samsung日本語キーパッドには純正だけあって片手で持った時にも入力しやすいようにキーボードを右や左に寄せて使う設定があります。

例え日本語変換が素晴らしくても、入力にストレスがあるのであれば使えないので見送っていましたが、15日間無料で使えるお試しアプリがありましたので昨日インストールしてみました。

変換は、まだ1日も使ってないので分かりませんが、テンキーでのフリックはSamsung日本語キーパッドより良いような気がします。で、肝心の片手持ち用の設定ですが、最初わからずにやっぱりダメか?と思っていましたが、今朝発見しました!

ATOK - 入力補助「設定」「言語と入力文字」からATOKの設定を選択します。その中の「入力補助」「タブレット(縦画面)※テンキーでタブレットに適したキーボードレイアウトを使用します」にチェックを入れます。

左右に寄せられる点は、Samsung日本語キーパッドも同じですが、ATOKの優れている点はドラッグして横幅を調整できる点です。手の大きさや指の長さによって届く範囲も変わってきますが、それが自分にピッタリに合わせられます。

 

フリック入力は、自分に合った感度の調節も重要なのかもしれませんんが、キーボードのサイズが自分に合っていることの方が入力はスムーズのような気がします。有料版も1500円なのであとで購入しようと思います。

ATOKは、15日間無料でお試しすることができます。別にJUSTSYSTEMのステマではありません(笑)

日本語入力って、たぶん一番使うアプリじゃないですか?有料でも良いものを使った方が良いと思うんです。特にスマホからツイートやfacebookへの投稿が多い人は試してみたらいかがでしょう?

スマートフォン向け日本語入力システム ATOK for Android スマートフォン向け日本語入力システム ATOK for Android

PR

関連記事