teamLab★トランポリン大砲でぴょんぴょん飛んで、いろいろぶっ放せ!の巻&プロジェクションマッピングによるチームラボのデジタルアート!を観に行ってきた!

佐賀城本丸 3Dプロジェクションマッピング

2013年10月11日(金)~13日(日)で行われた「佐賀城本丸 3Dプロジェクションマッピング」。最終日に行ってきました!

PR

ひたすら208号線を行けば良かったけど、ナビを使って距離優先で行ってみたら、離合が出来ないぐらい道が狭い住宅街とか案内されました(笑)途中、大川の木工フェアが開催されてた影響なのか、プロジェクションマッピングの影響なのかカナリ渋滞しており、佐賀城の駐車場もいっぱいだったので、近くの小学校に停めました。

着いてから佐賀城本丸歴史館を見学して出てきたら長蛇の列!そのまま並びました。作品は撮影OK!YoutudeなどにもアップOKだったので、スマホで撮影しました。流石teamLab太っ腹(笑)

佐賀城本丸 3Dプロジェクションマッピング

 

1.チームラボ☆トランポリン大砲で、ぴょんぴょん飛んで、いろいろぶっ放せ!の巻

来場者参加型でインタラクティブに佐賀城の姿が変わるインタラクティブなプロジェクションマッピング。佐賀城がどんどん壊れていく!

イギリス製のアームストロング砲をモデルに作られたteamLab★トランポリン大砲 → 詳細はこちら
teamLab★トランポリン大砲

暗くて見えなかったかもしれませんが、チームラボ★トランポリン大砲は、実は段ボール製! → 詳細はこちら
チームラボ★トランポリン大砲

 

2.プロジェクションマッピングによる、チームラボのデジタルアート作品

百年海図巻 佐賀城Ver.
百年海図巻 佐賀城Ver.
百年海図巻を、佐賀城の立体構造に合わせて作り直し、佐賀城にプロジェクションマッピングします。プロジェクションマッピングによる巨大な百年海図巻です。

佐賀城の滝
佐賀城の滝
コンピューター上に佐賀城を立体で再現し、コンピューター上でその佐賀城に水を流し込み、流体シュミレーションで水の動きを物理計算し、その水粒子の挙動で線を描き、佐賀城で、滝の作品を作りました。それを、実際の佐賀城にプロジェクションマッピングで投影します。実際の佐賀城を立体的な岩と見立てて、計算されてつくられた滝の作品です。

 

来年は熊本で見れるかも!?
楽しみですね!

▼関連
佐賀城本丸歴史館(10月11日~10月13日)にて、 来場者参加型のインタラクティブなプロジェクションマッピングなどを発表。

PR

関連記事